【低価格でも高品質】サカエ建設が人気の理由とは

快適で安全な住宅を作る

一軒家

施工している住宅の特徴

サカエ建設は、神奈川県に本社を構え注文住宅の建設で評価の高い会社です。他社ではオプションとなるような高い基準の仕様が、こちらでは標準で採用になっています。これは、サカエ建設の住宅が高い断熱性を備えているという点から理解することができます。サカエ建設の施工する注文住宅の外壁はALC外壁材です。ALCは内部にたくさんの気泡を持ち、この気泡が熱を遮るので高い断熱性を持つ素材です。そのうえ、断熱材をダブル断熱にすることでさらに断熱性能を高めています。このことで冬は室内の暖かい空気を逃さず、夏は涼しい空気を外部へは逃さず快適な生活環境を作り出しています。さらに、ALC外壁材は遮音性や耐火性にも優れており、プライバシーを守り安全な住居実現してくれるものです。くわえて、住居内は全室が床暖房が備えられています。床暖房で家全体が暖められるため冬でも室内は暖かくヒートショックを防ぐことができます。また、地震に対する備えも万全なのがこちらの注文住宅です。まず基礎部分には、ベタ基礎で床下全面をコンクリートで覆う施工法を採用しており、地震の際は揺れが家にかける負担を軽減してくれるものです。さらに断熱パネル工法と剛性床、S-HF構法で施工を行い、住居の強度を高めています。S-HF構法は梁と柱、梁と別の梁は厚さ3.2ミリの鋼板と12ミリの太さを持つドリフトピンを使用してつなぎ合わせて強度を高めるというものです。それに、パネル工法と2階床部分には剛性床を用いて横方向から加わる力に対する強さを持たせています。これ以外にも、シロアリ対策のために防蟻性のある断熱材は使用し、底の部分に防湿シート敷いて防湿性能も高めています。このように、サカエ建設は快適で安全に生活していける住まいを作り続けている会社です。