【低価格でも高品質】サカエ建設が人気の理由とは

標準仕様で比較する

設計図とヘルメット

ローコストでも高性能

注文住宅を建てるときには、オプションで料金を払って高い資材や使ったり、別の工法を使えば高性能な住宅を建てることはできます。標準仕様の料金と仕様で比較しながら注文住宅を建ててもらう工務店を選ぶべきです。神奈川県相模原市を中心に木造住宅を建築しているサカエ建設は、低価格で他メーカーがまねをできない標準仕様の住宅を建ててくれると評判になっています。ローコストなハウスメーカーの基礎は、布基礎になっていますが、サカエ建設では耐震性やシロアリを防ぐ効果も湿気を防ぐ効果も高いベタ基礎を標準で使っています。基礎断熱にもシロアリの侵入を抑える効果があるものを使っていて、更に効果を高めています。サカエ建設は断熱効果が高くて夏涼しく、冬暖かい住宅を作ってくれます。サカエ建設の断熱効果の高さは高性能な発泡プラスチック系の断熱材を外と内の両方で使っているため、壁や屋根の断熱効果は抜群です。熱が逃げやすい窓には樹脂とアルミを一体化させた複層ガラスを、ドアにもアルミ断熱ドアを標準で採用していて、高い断熱効果を誇っています。他にもサカエ建設の室内は、標準仕様で通常よりも高い2m50cmの天井高や天井部まで伸びるハイドアを使っていて、高級感にあふれています。このようにサカエ建設では、オプション料金を出さなくても、ほとんど標準仕様なままで高性能かつ高級な木造住宅を建ててもらえるので、神奈川県や東京都で人気の工務店になっているのです。